乳首舐め

 葵わかなちゃんに似た、愛らしい丸顔のバイト仲間の美和子の乳首舐めからのファックした経験があります。
美和子は21歳の女子大生、彼氏持ちの女の子です。
ぶっちゃけ、マスクが良いものだから、バイト仲間からも結構人気が高い女の子で、しょっちゅう話しかけられていました。
どうやら店長まで、目を付けていたみたい。

 バイト帰りに、食事がてら飲みに行こうと言う話で盛り上がりました。
葵わかなちゃんみたいにカワイイ美和子と、2人っきりでの飲みだから、テンションは上がっちゃっていました。
「彼氏が、すげえ羨ましいよ、こんな可愛い子と付き合えて」
「でも、何かしっくりこなくてね」
「うまくいっていないのか?」
「と言うか、淡泊」
「まさか、さっさと挿入して終了?」
「それ!まさにって感じ」
「そんじゃ、不満溜め込んでんじゃない?」
「そりゃ、女の子だって人間だからね…」
この飲みは、結構続いちゃって、彼女も随分酔っぱらったみたいでした。

 お店を出て「せめて、乳首舐めだけでもさせてよ」なんて、冗談交じりに迫ってみたんです。
もちろん最初のうちは「そんなのダメに決まってるでしょ(笑)」って、言ってたんですけどね。
夢中になって口説いていたら、何となく表情も変化してきて、受け入れ態勢を整えているなっていうのが分りました。
「ガチ、乳首舐めだけだからさ」
「本当に?舐めるだけ?」
「バイト仲間は、嘘をつかないよ」
「うん」
何とか返事をもらい、ホテルに入りました。
乳首 舐め

 美和子は愛くるしい顔を赤く染めていました。
裸にすると、見事な丸い乳房。
ウエストはくびれているし、お尻もかなり形が良い。
こんな素晴らしい肉体を手にして、ちゃんとセックスをしない彼氏はアホだな、なんて思っちゃって、早速約束の乳首舐めを。
「はぁん、いい」
こんな声聞いたら、乳首だけの刺激で終わるわけもなくです。
彼女の方も、完璧にエロモードに入っちゃっているものだから、すんなり愛撫を受け入れてくれました。
たっぷり触り舐めた後で、彼女の中にずぶりと侵入開始。
ガチ、ぱねぇ締め付けにテンションを上がりっ放しで、メチャクチャ腰を振ってしまっていました。

 美和子とその後もパコパコなんて美味しいことにはなりませんでした。
一発限り。
その後も、何気ない顔でバイト仲間として接しています。
クリオナ
クリ開発